胸章リボンバラの専門店、式典用・胸章リボン・リボンバラ 服に穴が開かない胸章リボン

トピックス

【15.07.09】服に穴が開かない胸章リボン

セレモニ-・式典に参加する際に、女性は、デパ-トで購入した高額なス-ツやワンピ-スなど。。。
とっておきのお洋服を着用する方が殆どだと思います。

大切なお洋服を胸章リボンの針で穴を開けるのは嫌ですよね。

胸章リボンには、安全ピン・クリップがついていますが、ワンピ-スやポケットの無いジャケットなど女性のお洋服は、クリップで留められない物が多いです。

大切なお洋服を守るために、当社では「服に穴が開かない胸章リボン」をご用意しております。
胸章リボンの後ろにマグネットがついており、お洋服をマグネットで挟んでご使用いただきます。
厚手の生地でも大丈夫です!!
マグネットですので、穴を開けずに、大切なお洋服を守ります。

沢山のお客様に「服に穴が開かない胸章リボン」ご好評いただいております。

「服に穴が開かない胸章リボン」
↓↓↓
http://www.ribbon-design.com/?p=134

【14.10.20】「奇跡」の花言葉・青いバラ

長い間、世界中のバラ愛好家の中で夢とされてい“Blue Rose(青いバラ)”は、「不可能」

という意味をさすほど、創るのは難しいと諦められていました。いろいろな色素を抜いていって

青にするのですが、バラにはそもそも青の色素がないことがわかったのす。

そこで「遺伝子組換え」などのバイオテクノロジーにゆだねられることになったのです。

そんなことから、青いバラの花言葉は「不可能」でしたが、しかし、バイオによる開

発に着手してから14年の歳月を費やした後、ついに青いバラが誕生。

新たに「奇跡」「神の祝福」という花言葉を設けられるようになりました。では、「黒

いバラ」はどうか、というと・・・この続きは次回お送りします。

ダウンロード (1)

【14.10.10】なぜ、胸章はバラなの?

「胸章リボン」というとバラを思い出します。事実、どこの販売店も「バラの胸章」を売っています。

桜や梅があってもいいのに。水仙なんかもきれいじゃないかな。バラは情熱を感じて

お祝いの雰囲気にはピッタリだけれど、水仙の綺麗さは捨てがたい。桜もめでたい雰

囲気を演出するにはいい花だと思いますが・・・。

その昔「ラン菊」という種類の胸章がありましたが、今は作っていないようです。

どなたか、なぜバラなのかご存知ですか?名答をお寄せください。お礼に、記念品を

差し上げます。

item_236_1

【14.10.01】胸章を、「を」と「に」の違いは

胸章で胸”を”飾るか、胸章を胸”に”飾るか、どっちだと思いますか?意味を正確に

説明できますか?状況や場面や条件などによって、どちらも使いますが、どちらがど

んな意味なのでしょう。

胸を飾るというと「胸章リボンバラ」が主役であって、胸章によって衣装や、周辺を華やかにする、という意味合いが強くなります。

胸に飾るというと飾る人が主役であって、その人の心、気持ち、意志、気合などが感じられます。日本語は繊細で奥深い言語ですね。胸章リボンで言葉の深さを知る・・・。

時には、言葉の中身を旅するのもいいんじゃないですか。

【14.08.08】胸の赤いバラ、白いバラに名前は書いてあったかな?

胸に付けた赤いリボンバラ、白いリボンバラに、名前は付けても付けなくてもいいようですが、付ける場合には、バラから下がっている「タレ」、2本のリボンの間の白い部分に名前を書きます。

名前に“様”“殿”と表記するかどうかですが、これは不要。ついでに触れておくと、“殿”は立場的には同等の位置、位で言えば同じ位にいる人に使う敬称です。お招きする方の名前には胸章のバラに限らず、“殿”は厳禁です。特に胸のバラには敬称は不要。肩書きもできるだけ簡素にするのがよいでしょう。

最近良く見かける、外資系またはカタカナの部署名で、非常に長いものがありますが、筆耕をしても小さい字になってしまい、傍から見えないとなると、意味はありません

胸に胸章リボンを着けていただき、お客様たちに、この方は大切な方ですよ、とメッセージできることが第一なのです。

【14.08.06】大は小をかねない胸章リボンバラ

胸につける胸章の大きさに特別な決まりはありませんが、上位の方には大きい花を。

下位の方には小さい花をつけるのが一般的です。

特大サイズの胸章は、国会議員や県会議員クラス、超特大サイズは、国賓クラスに使用されることが多いようです。

ただし、あまり沢山のサイズの胸章を使用しますと、煩雑になるだけです。

細かく分けなければならない場合、胸章の色分けする方法が適切です。主催者側は白、来賓側は赤から次第に薄い色の胸章に。

大きさと色の違う胸章を組み合わせると整然とした会場の雰囲気を演出できます。

胸の大きなバラの花は赤であれ、白であれ、その人の人格とスケールを表すシグナルなのです。分相応の大きさの胸章リボンはどこか清々しいものです。

【14.08.01】胸章はお持ち帰りいただくのが儀礼

最近、宴の終りに受付で胸章リボンを回収しているのを見受けることがありますが、

本来は宴にお集まりいただいたお礼にお持ち帰りいただくものなのです。

できれば、記念にご自宅や執務室に長く飾っておいて頂きたい胸章リボンです。

胸に飾るリボンバラは、単なる儀礼的な小道具ではなく、

宴などの主催者が来賓としてお迎えした方々を大切に思う真心をお伝えするシンボルなのです。

胸章リボンを用意する側、胸章を付ける側、その両者に通う心を大切にしたいものですね。

【14.04.24】胸章リボンバラと物差し

昔、胸章リボンバラを胸につける時、10Cmくらいの物差しの端に質は決して高くないけれど虫眼鏡(胸章用ルーペ)がついていて、その物差し部分が胸章リボンバラの安全ピン部分に刺さっていて、その物差しを胸のポケットに差して胸章リボンバラを胸に固定する形式のものがありました。

あの物差しはどこへ行ってしまったのかな。たしか、物差しが2、3本引き出しのなかにあったけど、あの物差しは使い道がなかったなァ。でも、今となってみると、あのバラも、リボンも、物差しも懐かしい。

あの胸章リボンバラはもうどこにも売っていないのかな。

partsphoto1

【14.03.25】晴れがましかった胸章バラ

人は長い人生のなかで何回くらい胸章リボンを胸に飾ることがあるのだろう。

私は、もう60年以上生きていて、1回だけ記憶がある。

それだけ社会の重要な位置にいなかった、ということなのだろうが、胸章リボンバラと人生の重みは比例するのかなァ。

人生で胸章リボンを一度も付けない人もたくさんいるだろうから、1回でも胸章バラを付けたことがあるなんて、自慢してもいいのかもしれない。

もっとも、子供の卒園式に出席した親は、みなリボンバラをつけていた、というそれこそ、どういうこともないできごとだったのだけど、

でも誇りがましい気持ちだったことは覚えている。もう、ないのかな。胸章バラが私の旨を飾ることは・・・。

n_s_1

【13.02.20】胸章(リボンバラ)の歴史

日本では戦後から昭和の後半まで、 皇族の方が式典で格調をたかめるため、白の胸徽章(胸章)

を付けるようになりました。
同席される皇族以外の貴族やご来賓は、皇族と区別をするため、着用する場合はその他の色の胸章を使用することが多かったようです。
民間の式典でもそれにならって、しばらくは主位が白色、他位が赤色を用いておりました。
その理由は薄い色の程上位で最上位は白色だったようです。(次位は黄色、後桃色、赤色の順)
その後は外国の例に倣って、皇室の方々も赤い胸章を付けるような機会が多くなりました(欧米では濃い色が高級とされている)
その後、赤・白の位置関係があいまいになってきております。
しかし平成14年の皇室行事で陛下が白の胸徽章(胸章)をお付けになっていましたし国家公務員の新任式で最高位の賓客にあたる小泉総理は白バラをつけていました。
以上の状況下、国内行事では上層部へ行くほど白が上位になることがあるように思われますが、一般の式典では、来賓が赤の胸章、主催者側が白の胸章を付ける例が多くなっています。

【13.01.15】自民党の当選リボン

先の衆議院選挙では自民党が圧勝しましたが、選挙対策本部に設置された「当選ボード」には

マメバラが使用されておりました。

 

以前の選挙では、割あい大きなリボンバラ(大または中サイズ胸章)が利用されることが多かったのですが、

選挙の派手さの割には、エコモードで「マメバラ」となったようです。

 

比べて、民主党の対策本部での選挙候補者のかかれたボードには一切の当確表示がありませんでした。
当選者が少ないので、あえて当選リボンを使わなかったのか、派手な演出を控えたのか不明ですが、ちょっとさみしい風景でした。

ちなみに、当選リボンは胸章リボンバラと同じものが使用されます(胸章の鼻の部分のみを掲示用に加工)

【12.11.15】気の効いた喪中葉書

先日あるブログでこんな記事を目にしました。

 

文字通り気の効いたお話で皆さんにもシェアしたいと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の年齢になると、喪中欠礼の葉書が増えてきます。

20121115090044のコピー


夫婦には両親が4名いて、50ともなればその4名はそろそろ
アラウンド平均寿命でいらっしゃるわけですから仕方ありません。
健在なご両親をお持ちのみなさま、今のうちに親孝行しておきましょう。

さて今日は、気の利いた喪中葉書を頂きましたのでご紹介します。
モスグリーンを基調とし、普通の喪中葉書より少しやわらかな感じの文章で、
肉親がお亡くなりになられた報告に沿え、以下の一文が書かれていました。

新年のご挨拶は控えさせていただきますが、
年賀状の無いお正月はさびしいものですので
皆さまからの年賀状は、楽しみにお待ちしております。

これなら間違って出してしまった人も、ホッと一息ですし
感謝の気持ちを伝えたかった人も、心おきなく年賀状を出すことが出来ます。
そして何より、普通は心が重たくなりがちな喪中葉書なのに
ほのぼの暖かい気持ちになり、差出人の心遣いが感じられるものでした。

喪中葉書ひとつでも、その人の人柄が現れることがあります。
ビジネス的な視点では、皆が横並びで当たり前と思っていることだからこそ
差別化できるというお手本ですね。

【12.07.27】無知であったことを告白します

スマホの普及が30%になったと伝えられてます。若い人はともかく、我々オジサン世代には

使っている人も少なくありませんが、使い方を知らない人も少なくありません。

かく言う私も、グーグル検索で「音声認識検索」があるのは知っていましたが、メールも同じく「音声入力」あるのに気が付いたのが、つい、2~3日前(*_*;

以前から、携帯電話での入力は面倒で、なるべく避けてました。特にスマホにしてからは、誤タッチが多く、さらに面倒と、メールは必要最小限以外は会社のPCで、と思っていたところ・・・なーんだ、音声で入力出来るじゃん!

fallback_hero

そう言えば、電車の中で、モーレツな勢いで「親指使い」をしている女性を見なくなったなぁ。

そんなことを考えているのは私だけなんでしょうか?

多分、かなりの乗り遅れ現象ですが、同様の輩も少なくないと思い 「告白」しました。

使い始めると「超便利」私はgmailを使っているので、備忘録代わりにメモをメールで自分宛てに送っています。

【11.11.30】笑顔の免許証写真

昨日、免許証の更新に行ってきました。

相変わらず試験場の中は重苦しい雰囲気で、なぜかみんな早く逃げ出したい感じです。

 

それでも、昔に比べれば警察官や職員の方の威圧的な態度はすっかり薄れて、ずいぶんと親切な対応になったものです。
しかしなぜか、免許証の写真はどうしても「指名手配風」になってしまいます。

 

以前は写真屋さんで撮った写真を持参しましたが、前々回くらいから、試験場で撮った写真が免許証に貼付されるので、なんとかして笑顔の写真にしようと試みました。が、前回は願いかなわず、相変わらず「指名手配風」の写真でした。

多分、試験場にいる時は仏頂面。写真を「撮るときだけにこやかに」と言うのが無理だったのでしょう。

 

そして今回。

なんとか「指名手配風」から脱却すべく心がけたこと。

1、いやな場所に行くのではなく、免許の更新をして”いただく”ありがたい所だと思う。

2、警察官や職員の方は、日々毎々更新者のために繰り返し同じ仕事をしてくれるありがたい方々。

3、担当していただいた方々には、心から礼を言い、ご苦労をねぎらう。

4、こちらから笑顔で挨拶をする。

ということで、今回は入場する時から、自主的に笑顔と感謝の気持ちで臨みました。

 

一時間の講習が終わり、担当の教官には部屋を出る時「ありがとうございました」と言いましたが、他に礼を言うものはいませんでした(私も前回まで、見たくないVTRを見せられ、面倒な話を聞かされるという気分でしたが)

 

免許証を受け取って階下に降りると、さっきの教官にすれ違いましたので「ありがとうございました。免許証をいただいてきました」と言うと、教官はにこっとして「あ、ご苦労様でした。お気をつけてお帰りください」と声掛けしてくれました。

 

結果。今回の写真は「歯を出してニッコリ」とまではいかないものの、少しはにこやかな写真の免許証になりました。

 

皆さんも「指名手配」から卒業することをお勧めします。

少なくとも、見せたいとは思わなくとも、出すのを躊躇う免許証からは脱出できること請け合いです。

【11.11.18】「引っ張りだこのタクシー会社?」

 

先日、京都の旅客運送会社「キャビック」さんから、50週年記念式典でご利用のリボンバラの注文をいただきました。国会議員様も来賓された式典のようでした。この不景気に立派な式典をされるくらいですから、さぞかし立派な業績を上げておられるものと推測し、陰ながらお祝い申し上げます。

そんな折り、キャビックさんではありませんが、素敵なサービスのタクシー会社の話を聞きました。

きっかけはそのタクシー会社の某運転手の話だそうです。ある日赤ん坊と一緒にタクシーに乗るため、電話で迎車依頼をしました。目的地に到達すると、料金精算時に「ポイントカード」の説明があり、そのカードを貰うことにしましたが、その時乗車した距離のポイントを、「倍の距離」にオマケをしてくれたそうです。

その後、またタクシーに乗る機会が来ましたが、当然、その会社に依頼をしました。電話をすると、「何処から何処までですか?」と聞かれました。ここまでは普通かも知れません。ところが、さらに「どのような方がご乗車の予定ですか?」ときかれました。当然「赤ん坊が乗ります」というと、「分かりました、では新しい車を手配いたしましょう」と言って電話を切りました。

そして、タクシーを待つことしばし。

そこに、言っていた通りの新車がきました。すると、座席には洗いたてのバスタオルが敷いてありました。さらに、行き先をプリントした地図を差し出し、コースが3とおりありますが、こちらのコースが最短よりですが、こちらでよろしいでしょうかと聞かれました。「はい、結構です」と言いましたが、カーナビには既にそのコースがインプットされていました。

後は、運転手さんを信頼して目的地まで。この日の清算は「ポイントのオマケ」は無かったそうですが、当然のごとく知人は、そのタクシー会社の大ファンになりました。タクシーと言えばいつもその会社です。

世の中の景気がどうであれ、サービスの工夫を心がけ、人気のある会社にしていくことができるのだと、手本にしなければいけないなと実感した話です。

今回、式典用のリボンバラのご注文をいただいた京都の「キャビック」さんが、どのようなサービスをしているかは知りませんが、今後も素晴らしいサービスと業績を続け、発展していかれるよう応援したいと思います。   
     

2011/11

【11.09.24】スポーツや式典の秋となりました

リボンバラ(式典リボン、胸バラ)は、お客様をもてなす形、また、その方がゲストであることを表します。

また、開催してる式典を華やかする役割もあります。急なご発注でも速やかに対応いたします。ご質問や用途などお気軽にご相談ください。

【11.09.17】総合大学生活協同組合の式典で特大・大の胸章ご利用例。

10-11

胸章・特大(白)×2、大(赤)×11、大(白)×11

【11.08.20】いよいよ、秋の式典の季節になります。在庫取り揃えておりますのでご注文お待ちしております。

お客様のご注文のしやすさに重点をおいたサイトを心がけております。

お客様からのご要望、ご希望に添うように改善してまいりますので、

ご意見をお聞かせいただければありがたく存じます。

【11.06.01】サイト新規開設しました

お客様のご要望にお応えすべく、リボンバラ専用サイト開設。

ユーザビリティーを第一に運営いたします。

どんなことでもお気軽にお問い合わせください。